暗黙知ー自分を信じるために

暗黙知というものがあるそうです。
たとえば、自転車の運転。

誰でも小さいころに、
最初は補助輪の助けで、ある程度なれてきたら、
大人の人に手伝ってもらって、何度も転んだりしながら、
いつのまにか、できるようになりましたよね。

こういう風に、言葉にあらわせない、
説明が難しい知覚を、暗黙知というのだそうです。

この言葉を聞いたときに感じたことは、

人間の感覚と身体って、すごいなあ、ということ。

無意識下でも、何か一生懸命やっていることは、
ちゃんと少しずつ学び、上達していくってことですよね。

先日受けた、クリスティーナ・ホールさんの
トレーニングで学んだことの中にもありました。
「人は、学ばずにはおられない存在である」

そして、もし、暗黙知として知っていることも、
言葉に少しでもできるなら、
他の人の上達の助けになるなあ、ということも考えました。

長くやっていると、暗黙知のレベルであったことが、
意識上にあがってきて、
ふと、言葉でも認識できるようになる瞬間があります。

この蓄積で、日頃のレッスンで
人に伝えてあげられることが増えていくのかな。

しかも!大人のほうが、こういう体験は増えていくらしいです。


自分が気がついていなくても、
自分の身体と五感はいつも働いていて
いわば、センサーとして外の世界と交信している。。。

その中から、つねに何かを学び取っている、と考えると、
自分自身の可能性、というものを信じられますし、

何かしている時の自分の感覚を、
にも、外にも開いていたいなあ、と思います。




コメント