音が集まると・・・

3つの音が集まると
和音ができます。

いわゆる、3和音、てやつです。

(小さい頃、私はこれを、
3種類の和音、
と思ってたことがありまして。。。
たくさん種類があるのになぜかなあ。
思って不思議でした)

4和音というのもあります。
代表的なのが、
ハ長調の     ソシレファ
お辞儀する時の和音。(笑)

でも、4つ同時に鳴らすと
重たいからか?

1つ省略して、やっぱり3和音で
演奏することも多いですね。

基本、3つの音があれば和音は
できます。
面白くないですか?

あんなに音は溢れてるのに。

そして音が3つ集まると、
和音としての
個性が出てくるようです。
この和音の個性については
また改めて。


人も、2人ではグループとは
言いがたいですよね。

2人だとパートナー。相棒。

3人だと?家族。仲間。
最小単位のチーム、とも言えるかな。

家族としての個性。
チームとしての個性。

そして、全体と個人の関係性。


そんなものも、
和音から考察していると
楽し〜(^ ^)



コメント