音も人間関係と同じ?3つあることの不思議

音って面白いです。

音一つだと、ただの音。

二つあると、響きが生まれます。
でも、音程によってはぶつかりあったり
(シとドとかね)不協和にもなります。


ところが、音が3つあると、
融和してどの組み合わせもそれなりの
ハーモニーを生み出すのが不思議。

シとド+ミ、とか。ファとソ+シ、とか。

昨日弦楽器の方に、同じパートを2人だけだと
不安定なんだけど、

3人で演奏すると、
なぜか混ざり合って落ち着く、とお聞きしました。

私たちの感覚の中に、
バランスよくするためのセンサーが何かあるのかも???



1人だと楽だけど、寂しい。

2人だけだと拮抗したり、偏りやすい。

3人だと。。。
いろんな可能性が生まれる。



なんだか、ニンゲン関係と同じよね〜などと、
そんな発見を、いつも音楽しながらしています♪



人生に大事なことは、みんな音楽から学んだ、なんちゃって。


コメント