合わすと合わないアンサンブル【音っておもしろいシリーズ4】

アンサンブルで、
タイミングがどうもあわないとき。

良いハーモニーができないとき。

お互いが、相手の音に
合わせようとしすぎるのが
原因、ということがあります。

相手に合わせる、というのは、
本来良い事のようなのに、なんで?
と思いますよね。


音楽って、時間の芸術なので、

まず相手を聞いて。。。と思って、
音を出す段階で、
もう相当遅れてるんですね。


実は、「そうしよう」
意識が思うより早く、身体は
動いている、と言います。

だから、
合わせることを目的にやってる
ってだけで、もう遅いわけです。


じゃあ、
うまくいくアンサンブルは?

これは、また次回♪

ちなみに、
人間関係でも、
自分の意見は言わずに
黙っている人って、

全体に貢献してるかどうか
というと、ちょっと別
のような気がします。。。

コメント